絶対にやっておきたい!WWW付き、なしの設定

WWWあり、なしの設定をする wwwありとなしのURLは検索ロボットとして別のページと認識してしまいます。「Googleウェブマスターツールの教科書」書籍でも記載しましたが、1つのサイトの扱いになるように、.htaccessでの設定、サーチコンソールでの設定が必要になります。 サーチコンソールでの設定方法 サーチコンソールでは1つのドメインを「プロパティを追加」でコネクトさせておきます。 サーチコンソールの画面に2つのURLが並びました。 両方のURLで「サイトの設定」 使用するドメインで使用するドメインを指定します。 両方とも同じ、all-web.orgに設定します。 これで、wwwありもなしの表示に統一されました。 注意)両方のURLをコネクトしておかないと「所有権を確認してください。」というエラーが表示され設定もできません。 統一させておかないとデーターがきちんと読み込まれないことも! »

Googleがモバイルの画面を変更中

Googleはモバイルの画面を変更を予定し、テストをおこなっています。 「画面中央へロゴ配置」、「検索ボックスを拡大」、「ナビゲーションのインジケーターを青」など行っています。 テスト画面 *この画面は、「Search Engine Land」に掲載されたスクリーンショットです。 現在の画面 現在の画面は、ロゴと検索ボックスが横並びで窮屈で、利用してみると検索ボックスにキーワードが入りきらないことがあります。またナビゲーションのタッチエリアも低く、タッチしずらそうです。 テストの画面がいつリリースされるかわかりませんが、GoogleのSERPS画面は改善されていくようです。 »

レスポンシブWebデザインなのに、モバイルフレンドリーでない?!なぜ

レスポンシブWebデザインなのに”スマホ対応でエラー”なぜ? Web担当者フォーラムの記事で、レスポンシブWebデザインなのに、なぜかモバイルフレンドリーでひかかってしまいます。という記事を発見しました。 Web担当者フォーラム記事:モバイルフレンドリーテストエラーについて(現在では、修正されています) 弊社ではレスポンシブWebデザインを日本で一番早くお伝えしていますが、書籍を出すのが遅れてしまったことなどもあってか、先に出版されている書籍の中で適切な内容でない書籍があることでレスポンシブWebデザインでないサイトをレスポンシブWebデザインと認識し、勉強してしまっているケースがあるようです。 記事の中にもありますが、レスポンシブのはずですが、まだフレンドリーではないようです(笑)日本でレスポンシブWebデザインと思われているサイトが実はレスポンシブWebデザインでなく、モバイルフレンドリーでエラーが出ているというケースが他でもよく目にします。 レスポンシブWebデザインでリニューアルさせたばかりのサイトも、アダプティブWebデザインだったことで、モバイルフレンドリーテストに引っかかり、 瑕疵で作り直しという自体もでてきています。 エラーがでているレスポンシブWebデザインは何なのか? »

Googleの記事から読み解く!ユーザーエージェント振り分けがダメな理由

「ユーザーエージェント振り分け」は、スマートフォン、タブレット、デスクトップ向けに別々にウェブサイトを表示させるための技術の一つです。ここでは、Googleが「ユーザー エージェントの正確な検出」という記事を元に「ユーザーエージェント振り分け」がダメなワケをご紹介いたします。 ユーザーエージェントでの振り分け 振り分けでよく利用される方法として、スマートフォン、タブレット、デスクトップの端末ごとの固有の端末記号のUA(ユーザーエージェント)をサーバーが判定して、端末ごとにHTML、CSSを配信します。HTMLとCSSをスマートフォン用、タブレット用、デスクトップ用と最低でも2種類以上のHTML+CSSが必要になります。 »

振り分けの際のXMLサイトマップ作成について

やっぱりレスポンシブWebデザインがベスト! GoogleはレスポンシブWebデザインを推奨していますので、当然といえば当然なのですが、XMLサイトマップを作成する上でもレスポンシブWebデザインでの実装がお薦めです。それらの内容についてご紹介いたします。  振り分け(別々のURL) まず、振り分けの場合のURLについて理解しましょう。 振り分けているので別々のURLが存在します。通常、PCサイトとモバイルサイトと振り分けしている場合以下のようなURLになります。 PCサイト:http://www.example.jp モバイルサイト:http://m.example.jp 正規URLを特定し<meta> »