サーチコンソールにリニューアル

書籍名の変更

今年の3月に出版されたばかりの書籍がGoogleウェブマスターツールの名前変更に伴いリニューアルされて発売されることになりました。

その名も「Googleサーチコンソールの教科書」です。ほぼ同じ内容なので、改めて購入する必要はありませんが、若干内容も変化している点や追加した内容もあり、16ページ増えました。金額は据え置きなので、リニューアル本がお得?ですね。

既に購入している人には差分のPDFをプレゼントするキャンペーンを予定しています。(今準備中でして、10月初旬のスタートを予定です。)

発売はシルバーウィークの前の9/18だったのですが、バタバタとしている間にシルバーウィークも終了し。。。。告知が遅くなりました。(涙)

どのようにリニューアルされたか?

「ウェブマスターツールの教科書」からは、全体の1/5くらいの内容が変更されていますが、ページが単純に増えたのでなく、全ページに及んで少しづつ変更され、ページ構成も更新された感じです。

変更された内容

主に変更になった点は以下の4つです。

  • サーチコンソールという名称に変更された理由
  • サーチコンソールで追加された検索アナリティクス画面の追加
  • 検索アナリティクスの見方と考えた
  • スマホ対応の影響と対策方法
  • パフォーマンスアップ手法

現在、非売品の「上位表示のための教本」非売品PDFをプレゼントしています。 アマゾンでの購入、詳細

みなさんの反応

新書がでると献本が何冊が割り当てられるので、お知り合いで興味のある方に献本させていただきました。

みなさんプロとして活躍されている方ばかりなので、参考になるのか心配だったのですが、好評のようで安心しました。

献本させていただきました!

Facebookでご紹介いただいた方のポストを少しだけご紹介します。

「渋谷でWebコンサルティングを行っている企業様に勤務」

社内で共有いただいけるとはとってもうれしいです!

「元SEOコンサルのエンジニア」

SEOコンサルから少し離れていたようですが、参考になることがありよかったです。

「地方で活躍されているUX系の開発者」

ユーザビリティも上位表示のシグナルになるので、こういう方にも読んで共感いただけるとうれしいです。

「SEO関係でもコンサルティングをされている方」

いろいろな案件を多数こなしている方で、前回の書籍も購入いただいていたようで凄くうれしいです。

以上、サーチコンソールの中身とアマゾンで記載されていない感想でした-。 今後も書籍内容や感想もポストしていく予定です!