振り分けの際のXMLサイトマップ作成について

やっぱりレスポンシブWebデザインがベスト!

GoogleはレスポンシブWebデザインを推奨していますので、当然といえば当然なのですが、XMLサイトマップを作成する上でもレスポンシブWebデザインでの実装がお薦めです。それらの内容についてご紹介いたします。 

振り分け(別々のURL)

まず、振り分けの場合のURLについて理解しましょう。 振り分けているので別々のURLが存在します。通常、PCサイトとモバイルサイトと振り分けしている場合以下のようなURLになります。

PCサイト:http://www.example.jp

モバイルサイト:http://m.example.jp

正規URLを特定し<meta>要素内で canonical設定をします。PCページの<meta>には、デバイス幅が640px以下の場合はスマホページを見てください。という記述を以下のようにします。

<link rel="alternate" media="only screen and (max-width: 640px)" href="http://m.example.com/page-1" >

スマホページには、正規化するURLを知らせるために以下の記述を行います。

<link rel="canonical" href="http://www.example.com/page-1" >

* 640pxについての数値は特に意味するものではありません。

インデックスはどうなるの?

上記のようにHTMLの<meta>に記述することで、正規URLのみがインデックスされると考えられています。サーチコンソールの画面でも特にスマホ、PCとインデックス数が別れている訳ではありませんね。また、どのページがどのようにインデックスされたのかまで現在のサーチコンソール画面では知ることはできません。

PC,スマホの別々にインデックスされている訳ではない

振り分けの際のXMLサイトマップ

GoogleのBotは現在、厳密にはフィーチャーフォン向けのBotも存在しますが、大きくPCとモバイルがあります。

XMLサイトマップは、平たく言うとBotのための地図です。スマホ、PC Botと、デバイスごとに別々のXMLサイトマップで知らせる必要があり、モバイル向けのXMLサイトマップ、PC用のXMLサイトマップを用意している場合があります。

しかし、別々のURLの場合、重複コンテンツは当然発生するため、XMLサイトマップにも、どのページとどのページが同じコンテンツなのか、ページの構成、状態をアノテーションとしてXMLサイトマップに記載する必要があり、以下のように記述しなければなりません。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9" xmlns:xhtml="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<url> <loc>http://www.example.jp/page-1/</loc> <xhtml:link rel="alternate" media="only screen and (max-width: 640px)" href="http://m.example.jp/page-1" /> </url> </urlset>

(Google Developers 「別々のURL]参照)

このように1つのURLに対して、インデックスしてほしい正規URLと別々になったURLを紐付けて記述することになります。

XMLサイトマップジェネレーター

振り分けして別々のサイトがある場合のXMLサイトマップの記述はアノテーションをつけなければならないので、通常の記述とは異なります。つまり、スマホ用のサイトマップ、PC用のサイトマップと別々に出してしまうとアノテーションが付けられないので1つのXMLサイトマップで記述しなければなりません。

別々のXMlサイトマップでなく、1つのXMLサイトマップにアノテーションを付けて記述する

一昔前の携帯用のXMLサイトマップは同じURLでも別々にXMLサイトマップを送信しても良いとされていましたが(引用)、詳しくみると当時でもスマホの場合は異なると説明されています。

XMLサイトマップはいくつのも種類があり、書き方も複数ありますが手動で行うのは非効率的で現実的ではありません。自動で作成してくれるジェネレーターは通常別々のXMLサイトマップを別々に作成してくれるので別々のURLで1つのXMLサイトマップを生成してくれるものは存在しません。(もし存在するようであれば教えてください。)

XMLサイトマップジェネレーターでも限界

振り分け(別々のURLをアノテーションを付けた記述)のXMLサイトマップを自動作成してくれるジェネレーターがあったとしても、URLが確実に統一化されていなければ、どのURLとどのURLが紐づくのか、紐付け作業が発生しややこしいです。結果、手動で変更ということもしばしばでてきてしまいます。

振り分けの際のエラーについて

振り分けをするとレスポンシブWebデザインに比べ、インデックスやXMLサイトマップの更新も煩雑になってしまう可能性が高くなります。

実際、弊社でも振り分けのサイトをコンサルティングさせていただいていますが、エラー表示などを細かく修正していく時間を考えるとレスポンシブWebデザインがベストだとひしひしと感じています。