4月21日以降の順位低下に注意!モバイルフレンドリー対応のチェック方法

4月21日から「モバイル表示の最適化」がモバイルでの検索結果に大きく影響する

から、ウェブサイトがスマートフォンで表示に最適化されているかが、モバイルの検索結果に大きく影響するようになります。

そこで今回は、自社サイトが順位低下につながる状態になっていないかを確認する方法と、Web担当者・制作者が陥りがちな間違いについて説明します。「自社は大丈夫」と思っている人ほど、チェックが必要です。

4/21からモバイルフレンドリーが順位に影響する

まず、Googleが発表したアルゴリズムの変更について理解していきましょう。

モバイルフレンドリーとは

モバイルフレンドリーとは、ウェブサイトがスマートフォンでの表示に最適化されている状態を指します。具体的にはスマートフォンでの表示を想定し、操作しやすく、読みやすいサイトになっているということを指します。

2014年秋からGoogleによってモバイルフレンドリーと判断されたページは、以下のキャプチャのようにモバイル版の検索結果で「スマホ対応」というラベルが追加されるようになっています。

画像引用元:ウェブマスター向け公式ブログ『検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするためにGoogle

4/21にアルゴリズムが変更される

ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをランキング要素として使用することが、2015年の2月末にGoogleから発表されました。

その適応開始日が4月21日なのです。それまでにモバイルフレンドリーなサイトにしておかないとモバイルでの検索順位が低下してしまう可能性が高いのです。

モバイルフレンドリーかどうかチェックしよう

では、自社サイトがモバイルフレンドリーかどうかを、どのように判断すればよいのでしょうか。方法は2つあります。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト( https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/ )にウェブサイトのURLを入れてチェックしましょう。

サイトを解析し設計がモバイルフレンドリーであるかどうかを教えてくれるツールです。対応している場合は以下のように「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示されます。

一方問題がある場合は、下記のように「モバイルフレンドリーではありません」と表示され、エラーの詳細が表示されます。

Googleウェブマスターツール

続いて、Googleウェブマスターツールも確認しておきましょう。モバイルユーザビリティ レポートにエラーが出ていたら、対処する必要があります。

エラーの内容と対処方法については、Googleウェブマスターツールから送られてくるメッセージを読んで対応していきましょう。

なんちゃってモバイルフレンドリーに注意

Web担当者や制作者が陥りがちなのは、「うちのサイトはレスポンシブWebデザインだから大丈夫」とチェックしない、「モバイルフレンドリーテストに合格した」からと言って油断してしまう、といってエラーを見逃すケースです。それぞれ、よくある間違いをご紹介していきましょう。

ユーザーエージェントの識別ミスの場合

デバイスごとに表示内容の振り分けをする場合は、ユーザーエージェントの識別が必要になります。しかし、このユーザーエージェントに設定のミスが出ている場合は、モバイルフレンドリーテストに合格してしまうのです。この問題は、英語版のGoogle公式ヘルプフォーラムでも話題に挙がっています。

引用元:海外SEO情報ブログ『モバイルフレンドリーだとGoogleに認識されなかった理由はUAの識別ミス』

この問題に気付くためには、上記でご紹介したGoogleウェブマスターツールを確認するのが一番手っ取り早いのです。多数のサイトで生じている現象らしいので、必ずGoogleウェブマスターツール「も」チェックするようにしましょう。

一見レスポンシブWebデザインに思えて、そうでない場合

Googleが推奨しているレスポンシブWebデザインなら、モバイルフレンドリーなはず。と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、あなたが考えている「レスポンシブWebデザイン」はモバイルフレンドリーではないかもしれません。

特に注意が必要なのが、アダプティブWebデザインになっているウェブサイトです。一見レスポンシブに見えるかもしれませんが、ピクセルでサイズ指定しているため特定のデバイスにしか対応できていないのです。そのため、モバイルで表示したときに横スクロールバーが表示されてしまうという現象が起きます。

レスポンシブWebデザインの国内事例を集めたギャラリーサイトにすら、レスポンシブではなくアダプティブWebデザインのサイトが多く掲載されています。「自社のサイトがレスポンシブWebデザインである」と間違った認識を持っている方も多いのかもしれません。

レスポンシブWebデザインの誤解

そもそも「レスポンシブWebデザイン」はイメージだけが独り歩きしていて、誤解されている面も多い概念なのです。特に日本ではグリットシステムの理解が浅い方が多く、DTPで利用しているガイドラインをグリットと誤解している方がいるようです。

レスポンシブWebデザインを本気で学びたい人は、基礎から学ぶことをおすすめします。弊社でも『レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック』という書籍を出版しています。

レスポンシブWebデザイン関連書籍 売上No.1

ネットで得た知識だけで「レスポンシブWebデザイン」を理解しているつもりになっている場合は特に、発見が多い内容になっています。

正しいレスポンシブWebデザインに対応していれば、今回のアルゴリズム変更も怖くないはず。ぜひこの機会に本物のレスポンシブWebデザインを習得してみてくださいね。